山里交流広場

里山に住むための土地と家とのコストバランス 移住・定住を考え、里山の土地を探されている方へ。

里山に住むための土地と家とのコストバランス 移住・定住を考え、里山の土地を探されている方へ。

カテゴリ :  地域交流 執筆 :  sima  2017/3/1 16:51
ブログ記事 http://my-house.at.webry.info/201702/article_3.html 里山におけるシェアハウスの提案は、前回に記事にしましたが、 今回は、里山に住むための土地と家とのコストバランスについて、 提案をしてみました。 土地を準備し、家を建てるまでの費用を計画する。 そのむずかしさは、コストバランスにあります。 地価は都会に近いほど高くなり、通常コストバランスは、良くありません。 土地に占めるコストが大きすぎるのが、現状です。 しかし、地価が安いからといった考えのみで、 田舎へ土地を求めるのも賛成できません。 将来に向かって、土に親しむ価値ある普通の暮らしを求めたい、 自然が好きで、畑づくりを考え、少し遠くても、通勤を頑張る。 (90分くらいが限界でしょうか、、、) 近隣の方に野菜づくりを教えて頂く、 夜の明かりの遠からず、近からずの距離感で住まいたい。 そんな考えをお持ちの方なら、 里に広い土地を求めることも選択肢です。 私たちは里山に住み、21年目になります。 斜面地を含め200坪ほどの敷地で、暮らしています。 土地がひと区画200坪(606?)か、あるいは300坪(909?)なら、 敷地をゆったりと計画できます。 里山では、家と土地のコストバランスがとてもよいのです。 果樹を植え、遊び場をつくり、家と庭と、 自家菜園を組み合わせても、ゆとりある住環境ができます。 これだけの広さであれば、内と外とを楽しく結べます、 むしろ家は小さく、簡素であってもよいと考えます。 里山の土地を探されている方へ、案内です。続く、、、 詳しくは、ブログ記事をご覧ください。 http://my-house.at.webry.info/201702/article_3.html どうぞ、シェアをお願いします。 移住・定住を考え、里山の土地を探されている方へ。「土地と家のコストバランス」 「中馬のおひなさま」がはじまっています、足助の旧街道・塩の道に並ぶ、おひな様。どうぞ、訪ねて見てく… MY-HOUSE.AT.WEBRY.INFO
simaさんのブログを読む コメント (0) トラックバック (0) 閲覧 (1040)