交流居住情報

アーカイブ  | RSS  |
   

【開催結果】トウモロコシ&天狗ナスの収穫と石窯ピザづくり、川遊びを楽しもう!を開催!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2019年08月30日 19:47
  • (650 ヒット)

古戸ひじり会と古戸応援隊による夏の交流イベント〜
 「トウモロコシ&天狗ナスの収穫と石窯ピザづくり、川遊びを楽しもう!」が開催されました!


 8月17日(土曜日)、「古戸ひじり会」及び「古戸応援隊」で、これまでに育てた奥三河特産の天狗ナスなどやトウモロコシを収穫する交流体験イベントを開催しました。
 定員30名を超える11組38名が参加し、古戸応援隊の14名、古戸ひじり会11名と、総勢63名の賑やかな交流イベントになりました!

[開会・挨拶]
 朝10時より古戸おいでん農場に集合し、「トウモロコシ&天狗ナスの収穫と石窯ピザづくり、川遊びを楽しもう!」を開催しました。
 最初に古戸ひじり会会長の初澤さんからの挨拶ではじまり、参加者の自己紹介、本日のスケジュールの説明などを行いました。

[天狗ナスの収穫体験]
 5月から栽培している「天狗ナス」は、長雨や猛暑の影響もあり、生育が心配されましたが、収穫時期を迎え、大きく育った天狗ナスをトゲに気を付けながら一本一本丁寧に収穫していただきました。

[トウモロコシの収穫体験]
 トウモロコシについて、今年は種まきの時期をずらして栽培しましたが、ちょうど端境期になってしまい、収穫が終盤になった畑と、まだ収穫に満たない畑になってしまった畑で、収穫に適していそうなトウモロコシを探しながら収穫体験していただきました。

[石窯ピザづくり体験]
 古戸会館に移動し、町内の石窯ピザ職人の池田さんの指導のもと、ピザづくり体験を行いました。生地を伸ばして、その上にトマトソース、玉ねぎ、サラミ、ベーコン、とうもろこし、ナスなどの旬の野菜、チーズをトッピングし、移動式の石窯でこんがりと焼き上げていきました。

[バーベキュー]
 みんなで協力しながらバーベキューを楽しみました。先ほど収穫した天狗ナスをはじめ、新鮮な旬の食材などを、お腹一杯いただきました。

[川遊び]
 本来なら古戸会館近くの川淵で川遊びを行う予定でしたが、前日の台風の影響で増水し、川の流れが速いことから川遊びを残念ながら中止になりました。
 なお、古戸応援隊の井上さんの持ち込み企画のスイカ割は実施され、子ども達が夢中になってスイカ割を楽しみました。
 また、古戸出身者である参加者の持ち込み企画で、竹とドングリを使ってリレーを行う「どんぐりコロコロ」のレースを行い、子どもも大人も楽しいひとときを過ごしました。

[さいごに]
 バーベキューの後は皆さんで協力して片づけも行い、最後に古戸区長の佐々木徳人さんからの閉会の挨拶となりました。
 また、お土産として、収穫した天狗ナスととうもろこしを持ち帰っていただきました。
 さらに10月12日(土)には今回参加していただいた方をはじめ、新たに参加者を募集しながら、サツマイモ掘りや里芋掘りの体験を行い、それらを使って芋煮会を行うことを紹介しました。
 なお、夕方からは旧古戸集会所で、古戸応援隊の有志が集まって、古戸ひじり会のメンバーを招待した交流会も開催されました。


[問合先]
 古戸ひじり会 事務局宛て(東栄町観光まちづくり協会 事務局内)
    住 所:〒449-0206 愛知県北設楽郡東栄町大字下田字軒山13-7
    電 話:0536−76−1780

最後に参加者の皆さんと集合写真!〜たくさんの夏の思い出ができました〜

【開催結果】古戸ひじり会と古戸応援隊による第4回目の活動を実施!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2019年08月07日 11:34
  • (735 ヒット)

 令和元年度 第4回古戸応援隊活動! 古戸ひじり会と古戸応援隊による獣害対策の柵設置作業を実施しました!

 急きょ招集がかかり、8月4日(日)に、第4回古戸応援隊活動を開催しました。
 今年5月に愛知県新城設楽農林水産事務所の農業改良普及課から依頼を受け、獣害対策現地実証調査を行っています。これまでの間、古戸おいでん農場に数台カメラを設置し、トレイルカメラにより野生獣の実態調査を行ってきました。今回は、農場の周囲216mに埼玉県農業技術センターが開発した獣害全般農作物被害防止柵「電落くん」を設置し、野生獣の防御効果を10月末まで実施していくことになりました。
 当日は、古戸応援隊メンバー11名、古戸ひじり会メンバー7名、県農業改良普及課職員3名の計21名で獣害全般農作物被害防止柵の設置作業を行いました。

[あいさつ・作業説明]
 炎天下の中、いつもより開始時間を早め、午前9時から古戸応援隊活動がスタートしました。
 最初に初澤宣亮古戸ひじり会長のあいさつと、本日行う獣害全般農作物被害防止柵「電落くん」の設置方法について県農業改良普及課の河野さんから説明がありました。
 その後、作業の手順に応じた「防草シート設置班」、「支柱設置班」、「横支柱とダンポール設置班」の3つ班に分かれてそれぞれで作業を開始しました。


[防草シートの設置]
 おいでん農場の周りを1m幅で事前に草刈りをしておいた場所に、防草シートを敷き、ヘアピン杭とシート押え板を1m間隔で打ち付けていく作業を行いました。
 なお、この防草シートは雑草が生えるのを抑え、電気柵の通電線への漏電を防ぐことを目的にしています。


[支柱の設置]
 敷いた防草シートのちょうど真ん中に、2m間隔で、1.8mの直管パイプを30?地中に打ち込む支柱設置の作業を行いました。
 畦畔部分の傾斜も滑らないように気を付けながら、鉛直に支柱を打ち込んでいきました。


[横支柱の設置]
 設置された支柱の上端にフックバントを使って横支柱となる直管パイプを設置する作業を行いました。また、支柱の上に通電線を設置するためのダンポールを結束バンド(インシュロック)で留める作業を行いました。


[休憩・昼食]
 灼熱の中、汗だくになっての作業のため、何度か休憩を取り、水分補給をしながらの作業となりました。
 また、上記の作業が順調に進み、午前中で終了したため、昼食時間になって1時間ほど休憩しました。
 午後からは残り作業として、出入り口扉の作成、防風ネットの取り付け、電気柵の設置を行いました。

[出入口扉の作成]
 直管パイプを縦横3本ずつ使って、フックバンド等で接続しながら、2か所の出入口扉を作成しました。

[防風ネットの取り付け作業]
 防風ネットを結束バンド(インシュロック)など使って、横支柱、縦支柱に取り付け、下部は50cmほど外側に垂らしながら防風シートと合わせてヘアピン杭で、柵の真下と防草シートの外側を1m間隔で留める作業を行いました。


[電気柵の設置]
 電気柵については、上部と下部の2か所に設置します。
 上部は支柱の上に取り付けたダンポールに、横支柱から5cmのところと15cmのところに通電線を平行に取り付けていきます。ダンポールに通電線を1回巻付けながら結束バンドで留める作業を行いました。
 また、下部の電気柵については、これまでおいでん農場で使っていた電気柵を使用し、防風ネットから10cm離れた場所にポールを打ち付け、地上20cmと地上40cmになるように2本の通電線を通していきました。
 その後、電源やアースの設置なども行い、完成しました。


[さいごに]
 予定の時間より1時間延長しましたが午後4時ごろに、獣害全般農作物被害防止柵の一連の作業が終了しました。
 また、手の空いてきたメンバーで収穫時期をむかえた天狗なす、トウモロコシの収穫も行い、天狗なすは本日参加した方々にお土産として持ち帰っていただきました。


 最後に作業を終えた達成感を味わいながら、疲労困憊の中、全員で記念撮影を行いました。


[問合先]
 古戸ひじり会 事務局宛て(東栄町観光まちづくり協会 事務局内)
    住 所:〒449-0206 愛知県北設楽郡東栄町大字下田字軒山13-7
    電 話:0536−76−1780

【開催結果】古戸ひじり会と古戸応援隊による第3回目の活動を実施!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2019年07月16日 11:58
  • (627 ヒット)

  令和元年度 第3回 古戸応援隊活動を実施しました〜

 7月13日(土)、梅雨のどんよりとした天候の中、第3回古戸応援隊活動を開催しました。
 当日は、古戸応援隊メンバー16名が参加し、古戸ひじり会メンバー10名の計26名で農作業を行いました。
 なお、今回から新規の古戸応援隊メンバーが2組3名も加わり、にぎやかな活動となりました。

[作業開始前に、じゃがいもの収穫]
 古戸応援隊活動が始まる時間前に、多くの参加者が集まったこと、いつ雨が降り出してもおかしくない天候だったかことから、集まっているメンバーで、メークイン、キタアカリ、男爵の収穫作業を行い、大量のじゃがいもが収穫できました。
 なお、これらの収穫したじゃがいもは、メンバーのお土産として持って帰っていただくとともに、一部は直売所で販売していくことになりました。


[開会・挨拶]
 開会時間となり、最初に初澤宣亮古戸ひじり会長のあいさつと本日の活動内容やスケジュールの説明を行いました。
 その後、「とうもろこし畑のネット張り作業班」、「とうもろこし畑の摘花作業班」、「さつまいも班」、「草刈り班」の班分けを行い、それぞれで作業を開始しました。

 なお、最近の日照不足の影響もあり、天狗なすの生育が遅くなっており、本日の天狗なすの収穫作業は見送ることになりました。
 さらに、予定では愛知県の獣害対策実証実験として、獣害全般農作物被害防止柵「電落くん」を設置する予定でしたが、資材が到着しなかったため、事前準備の農園周りの草刈り作業のみをすることになりました。

トウモロコシ畑の摘花、消毒、草取り、ネット張り、土寄せ作業]
 とうもろこし畑では、花が咲き、実も付き始めていることから、害虫から食害を防ぐため、消毒や摘花作業を行うとともに、雑草の草取り作業を行いました。また、風で倒れないようにと、ネット張り作業や土寄せ作業も行いました。


[さつまいも畑の補植と草取り作業]
 第2農場にあるサツマイモ畑では、生育が悪い部分に生育の良いさつまいもの伸びた芽を切り補植する作業や草取り作業を行いました。


[草刈り作業]
 古戸ひじり会メンバーを中心に、獣害対策実証実験に向けたおいでん農場周辺での草刈り作業を行いました。


[午後からは残り作業]
 昼食後は、本来なら刈り取った草を天狗なす畑に敷き詰める作業や、午前中に残った草取り作業、土寄せ作業などを行う予定でしたが、少し小雨が降り始めたこともあり、できる範囲の作業を行って、早めに終了しました。


[閉会]
 次回は8月17日(土)に、一般参加者も集めた夏休みの交流イベントとして、「トウモロコシ&天狗ナスの収穫と石窯ピザづくり、川遊びを楽しもう!」を開催します。


[問合先]
 古戸ひじり会 事務局宛て(東栄町観光まちづくり協会 事務局内)
    住 所:〒449-0206 愛知県北設楽郡東栄町大字下田字軒山13-7
    電 話:0536−76−1780

夏休み交流イベントへの参加申込書など、詳しくはこちらのチラシPDFをご覧ください。

【開催結果】古戸ひじり会と古戸応援隊による第2回の活動実施!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2019年07月01日 12:27
  • (619 ヒット)

  令和元年度 第2回 古戸応援隊活動を実施しました〜

 6月16日(日)に東栄町古戸地区において、古戸ひじり会による第2回古戸応援隊活動を実施しました。
 本来なら前日の15日(土曜日)に実施する予定でしたが、悪天候が予想されたため、1日延期し、翌16日(日曜日)での開催となりました
 当日は小雨が降る中、9名の古戸応援隊メンバーと古戸ひじり会メンバー10名の計19名が参加して活動が行われました。
 とうもろこし班、天狗なす班、じゃがいも班の3班に分かれ、皆さんで協力しながら精力的に作業が進められ、予定していた作業を午前中で終了することができました!

[開会・挨拶]
 最初に初澤宣亮古戸ひじり会長のあいさつではじまりました。
 その後、本日の活動内容やスケジュールが説明され、「とうもろこしのための畝づくり、種まき」、「天狗ナスの支柱立て」、「じゃがいもの収穫」の3つの班分けを行い、手分けして作業を行うことになりました。


[とうもろこしの種まき]
 ゴールドラッシュ250粒、ピーターコーン250粒の種をまくため、ぬかるんだ農場で4つの畝づくりとマルチ掛けを行った後、2粒ずつ種まきを行いました。また、その後、種をまいた畝に鳥獣ネットを張る作業を行いました。




[天狗ナスの支柱設置]
 前回の活動で定植した天狗ナスも順調に育ってきていますので、今後、実を付けた時に倒れないように、支柱を立て、網を取り付ける作業を行いました。
 毎年行っている作業ということもあり、慣れた手つきで順調に作業が進められました。



[じゃがいもの収穫]
 春から栽培しているキタアカリと男爵のじゃがいもが収穫時期を迎えたため、女性メンバーを中心に収穫作業を行い、大量のじゃがいもが収穫できました!
 収穫したじゃがいもは、昼食時に蒸かし、お好みで手作りのネギ味噌やマヨネーズを付けて美味しくいただきました。
 なお、残ったじゃがいもは、古戸ひじり会と古戸応援隊メンバーにお土産として持ち帰っていただきました。



[閉会]
 午後から悪天候を予想し、午前中に急ピッチで作業が進められ、概ね予定していた作業が終了したため、午後からの作業は中止となりました。
 最後に、副会長の佐々木経人さんの挨拶で終了しました。
 なお、午後からはそれぞれ、山菜採りをしたり、トウモロコシ畑に風倒れ防止ネットを張ったりと、自由な時間となりました。


[問合先]
 古戸ひじり会 事務局宛て(東栄町観光まちづくり協会 事務局内)
    住 所:〒449-0206 愛知県北設楽郡東栄町大字下田字軒山13-7
    電 話:0536−76−1780

【開催結果】令和元年度の古戸応援隊活動がはじまりました!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2019年05月28日 13:08
  • (679 ヒット)

  令和元年度 古戸応援隊活動〜関係人口が地域を支える〜

 古戸ひじり会では、平成20年5月から古戸地区への交流居住を図るため、都市住民との交流活動を進めてきていますが、平成25年度からは古戸地区の活動に関わりたい都市部の人、いわゆる“関係人口”を集めた「古戸応援隊」を結成し、古戸ひじり会と一緒になって、遊休農地を活用した農作物の栽培、収穫イベントの開催、散策路の整備、植栽活動などを実施しています。
 12年目を迎える今年度も、5月19日(日曜日)から、古戸ひじり会と一緒に応援隊活動がスタートしました。
 最近、「定住人口」や「交流人口」を確保するよりも、地域に貢献していく「関係人口」を確保し、まちづくり、むらづくりを進めていく動きがある中、まさに「古戸応援隊活動」は、この関係人口による地域づくりを行っている取り組みです。

[はじめに]
 今年度は、新たに3名の応援隊メンバーが加わり、当日は、新応援隊メンバー1名、これまでの応援隊メンバー14名、古戸ひじり会メンバー9名の合計24名が参加しました。
 なお、古戸応援隊のメンバーは、名古屋市内をはじめ、東海市、岡崎市、春日井市、豊橋市、豊川市、浜松市などから参加しています。
 岡崎市内から新たに応援隊に参加した方に簡単な自己紹介をしていただきました!

[開会・挨拶]
 最初に古戸ひじり会の初澤会長のあいさつではじまり、本日の作業内容の説明がありました。
 第1回目の作業として、1つ目は、奥三河の特産である「天狗ナス」100株を植え付けるための畝づくりとマルチ掛け作業(3畝)、苗の植え付け、風よけの設置です。
2つ目の作業はとうもろこしを栽培するための畝づくりマルチ掛け作業(4畝)、とうもろこし(ゴールドラッシュ1,000粒、ピーターコーン1,000粒)の種まき、防鳥ネット張りです。
 3つ目の作業は、サツマイモを栽培するための畝づくりマルチ掛け作業(3畝)と安納芋60本、紅あかり60本)の定植作業です。その他、草刈りなどを夕方までかけて行うことの説明がありました。


[畝づくり作業]
 応援隊メンバーを「天狗ナス班」、「とうもろこし班」に分け、それぞれが協力しながら、鍬などを持って畝づくりがスタート!
 肥料を散布し、潅水し、マルチをかける作業を汗だくになって行いました。


[天狗ナスの定植作業と風よけの設置]
 「天狗ナス班」では、出来上がった3つの畝に穴をあけ、100本の天狗ナスの苗を植えていきました。
 また、苗が倒れないように、ビニール袋と竹を使って風除けを設置し、さらに天狗ナスの農場周りに防風ネットを張っていきました。


[とうもろこしの種まき]
 「とうもろこし班」では4つの畝に、ゴールドラッシュ1,000粒、ピーターコーン1,000粒の計2,000粒のトウモロコシの種まき作業!マルチの穴に3粒ずつの種を埋めていきました。
 また、鳥などに種が食べられないように畑に網を張る作業も行いました。


[昼食]
 お昼は古戸会館に戻り、古戸住民と古戸応援隊メンバーで交流しながら楽しい食事となりました。

[サツマイモの定植作業]
 午後からは第2農場で、3つの畝に安納芋60本、紅あかり60本の定植作業を行いました。
 3つの畝に、肥料を散布してマルチをかけ、そのマルチに穴を開けて、1本ずつ丁寧に苗を挿していきました。


[草刈り作業]
 古戸ひじり会メンバーで第1農場、第2農場周りの畦畔の草刈り作業が行われました。


[閉会]
 最後に古戸区の佐々木区長より、閉会のあいさつが行われ、第1回の活動が終了しました。
 そして、最後に全員で記念撮影♪。
 なお、次回は6月15日(土曜日)に本日植え付けた天狗ナスの畑に支柱を立ててネットを張り作業、とうもろこしの作業などを行う予定です。


[問合先]
 古戸ひじり会 事務局宛て(東栄町観光まちづくり協会 事務局内)
    住 所:〒449-0206 愛知県北設楽郡東栄町大字下田字軒山13-7
    電 話:0536−76−1780

【開催結果】平成30年度最終の第6回古戸応援隊活動を開催しました!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2019年03月11日 11:41
  • (355 ヒット)

古戸ひじり会と古戸応援隊で、古戸の景勝地の一つ『村行の滝』の流木撤去作業と川登での山桜の植樹を行いました!

   
 3月9日(土)、東栄町古戸地区の今年度最後の古戸ひじり会活動として、地区の景勝地である『村行の七滝』での周辺整備と川登りでの山桜の植樹活動などを行いました。
 当日は朝早くから都会等から応援に駆け付けた古戸応援隊13名と、古戸ひじり会(7名)、古戸地区住民(7名)の総勢27名が集まり、大量の花粉が舞い散る中、作業を行いました!

  [開会・挨拶]
 朝9時に古戸会館に集まり、最初に古戸ひじり会の初澤会長のあいさつではじまりました。
 そのあと、「村行の滝の流木撤去」、「川登り右岸での山桜(30本)の植樹」、「植栽地等の草刈」の3つのグループに分かれて作業開始です!


  [川登での山桜の植樹活動]
 川登の右岸にあらかじめ目印を付けておいた場所へ、ツルハシや鍬などを使って穴を掘り、高さ1.5メートルほどの山桜の苗木30本を植栽していきました。
 また、植栽した場所に肥料を蒔くとともに、鹿の被害にあわないようにネットを設置していきました。


  [村行の七滝の流木撤去作業]
 古戸地区の景勝地の一つである『村行の七滝』では、昨年秋の大雨で川が氾濫し、山の樹木等が流され、多くの流木が村行の七滝に溜まっているため、この流木の撤去作業を行いました。
 川の中に入り、チェンソーで流木を伐採し、みんなで力をあわせて流木を運び出しました。


  [草刈り作業]
 以前にモミジや河津桜、山桜などを植栽した場所などで草刈り作業も行いました。


  [バーベキュー(昼食)]
 植栽活動で疲れた体を休めながら、古戸応援隊と古戸ひじり会メンバー、古戸地区住民の親睦を深めるためバーベキューを行い、お腹一杯に旬の味覚を味わいました。


[さいごに]
 最後に古戸区の大野達司区長からあいさつがあり、2019年度も引き続き古戸応援隊活動を実施していくことの案内がありました。


【開催結果】第5回 古戸応援隊活動を開催!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2018年12月10日 15:18
  • (412 ヒット)

花祭りの原形 白山祭りを体感!
 東栄町振草古戸の標高738mの白山山頂にある白山神社で、12月8日(土)に花祭りの原形と謂われ、800年の歴史を持つ「白山祭り」が、極寒の中、営まれました。
 古戸応援隊のメンバー10名が参加しました。

[開会・挨拶]
 当日は朝9時30分に普光寺に集合し、初澤会長のあいさつと行程についてのお話がありました。


[登山スタート!]
 普光寺から車で移動して、白山の登山口へ!
 白山祭りが行われる山頂の祭場まで、途中休憩をはさみながら40分ほどかけて山道を登っていきました。




[白山祭りの見学!]
 白山神社に到着後、まずは参拝。
 その後、杉木立に囲まれた境内で、笛と太鼓の音色にあわせて「住吉の舞」、舞庭での神寄せ、式三番、さらにご神体をささげて舞う「お珠の舞」が奉納されました。







[美味しく、温まる振る舞い]
 参拝者には「きな粉のぼた餅」、「味噌汁」、大根をくり貫いて作った器に酒を注いだお神酒が振る舞われるなど、心も体も温まる祭となりました。


[下山・解散]
 参加者は午後2時過ぎには下山を開始し、最後は古戸区長の大野さんのお話で閉会・解散となりました。

 なお、平成30年度の古戸応援隊活動は、来年1月2〜3日に開催する古戸花祭りの手伝と3月に植栽活動を実施することが案内されました。

【問合せ先】  古戸ひじり会 事務局
  〒449-0292 東栄町大字本郷字上前畑25番地(東栄町役場振興課内)
        電話:0536-76-0502  FAX:0536-76-1725

【開催結果】イモ掘りと石窯ピザづくり体験&芋煮会〜秋の味覚を満喫しよう!を開催

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2018年12月10日 14:23
  • (433 ヒット)

「イモ掘りと石窯ピザづくり体験&芋煮会の交流イベント」を開催しました!

  「古戸ひじり会」と「古戸応援隊」とで一緒に春から育ててきた「サツマイモ」と「里芋」の収穫を行い、それを使って芋煮を作る交流イベントを平成30年10月13日(土曜日)午前10時より開催しました。
 参加者は名古屋市、長久手市、刈谷市、豊川市、湖西市などから7家族25名の参加があり、古戸応援隊11名、古戸地区住民12名など、総勢約48名で子どもの元気な声があふれる賑やかな交流イベントになりました。


[開会・挨拶]
 秋晴れの中、朝10時より古戸おいでん農場等で「イモ掘りと石窯ピザづくり体験&芋煮会 〜秋の味覚を満喫しよう!」を開催しました。
 最初に古戸ひじり会会長の初澤さんからの挨拶ではじまり、その後、本日のスケジュールなどの説明を行いました。
 また、一般参加者の方々の自己紹介などがありました。


[サツマイモの収穫]
 古戸おいでん農場で古戸ひじり会と古戸応援隊が丹精込めて育てた、「安納芋」と「紅あかり」のサツマイモの収穫作業を行いました。
 参加者はスコップを片手に、泥だらけになりながら、一つひとつ丁寧に掘り出していただき、たくさんのサツマイモを収穫できました。




[里芋の収穫]
 続いて、里芋の収穫です。
 泥だらけになりながら、一つ一つ小芋を採って、根をちぎる作業に没頭していただきました。
 はじめて里芋の収穫をする人が多く、「こんなふうに里芋は出来ているんだ!」、「こんなに収穫が大変だとは思わなかった!」などの驚きを感じながら収穫していただきました。




[石窯ピザづくり体験]
 古戸会館に移動し、石窯ピザづくり体験を行いました。東栄町の石窯料理人の池田さんの指導のもと、生地を伸ばして、その上にトマトソース、旬の野菜、チーズなどをトッピングし、石窯で焼き上げていきました。




[芋煮会]
 参加者の方にも手伝っていただきながら、採れたての里芋をはじめ、旬の野菜がふんだんに入った醤油味、味噌味の芋煮をハソリ鍋で作り、みんなで美味しく頂きました。
 また、焼き芋づくりも行われ、秋の味覚をお腹一杯に満喫できました!




[さいごに]
 最後に、皆さんの協力で片づけも行い、古戸ひじり会副会長の佐々木さんから閉会の挨拶が行われて終了しました。
 また、本日、収穫したサツマイモ、里芋などを袋一杯に詰めて、お土産として持ち帰っていただきました。
♪集合写真♪


[その他]
 交流イベント終了後、古戸応援隊のメンバー主催で、古戸住民との懇親会・慰労会が行われ、夜遅くまで賑やかな一日となりました。

【問合せ先】  古戸ひじり会 事務局
  〒449-0292 東栄町大字本郷字上前畑25番地(東栄町役場振興課内)
        電話:0536-76-0502  FAX:0536-76-1725

【開催結果】第4回 古戸応援隊活動を開催!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2018年12月10日 14:00
  • (451 ヒット)

古戸ひじり会と古戸応援隊による第4回目の活動を実施しました!

 9月16日(日)に古戸の景勝地である村行の七滝の整備として第4回古戸応援隊活動を開催しました。
 当日は、古戸応援隊メンバー10名と古戸ひじり会メンバー9名が集まり、村行の七滝で休憩所となるあずまやの整備を一日かけて行いました。

[開会・挨拶]
 朝に古戸会館に集合し、最初に初澤宣亮古戸ひじり会長のあいさつではじまり、その後、本日の作業の段取りなどを青山工務店の青山進さんに説明していただきました。
 その後、各自、相乗りして現地まで移動しました。



[あずまや整備]
 あずまやの建築資材や道具などを皆さんで協力しながら現場まで運び入れました。
 その後、青山棟梁の指導のもと、予め、製材された木材に防腐剤を塗ったり、基礎となる切株の高さを調節したりしながら、基礎、床、柱、梁などを順番に造り上げていきました。


 昼食をはさみ、屋根組みなどの作業を行いました。
 最後は高所での技のいる作業が多く、古戸応援隊メンバーは周辺の枝や丸太などの片付けに専念しました。


 なお、あとの屋根葺きについては、プロにお任せするということで作業が終了しました。

[散策路の整備]
 国道151号から村行の滝の登り口には、掴まって昇り降りができるようにと、杭とロープの設置も行いました。


[閉会]
 最後に古戸会館に戻り、佐々木経人副会長の挨拶で終了しました。


[あずまや完成]
 翌月にはプロによる屋根葺が行われ、完成しました!
 是非ともお近くにお寄りの際は、ドライブの休憩、散策の休憩場所としてご活用ください!




【問合せ先】  古戸ひじり会 事務局
  〒449-0292 東栄町大字本郷字上前畑25番地(東栄町役場振興課内)
        電話:0536-76-0502  FAX:0536-76-1725

【開催結果】 奥三河特産の天狗ナス等の収穫と石窯ピザづくりを楽しもう!を開催!

  • 投稿者 :  aichi-kouryu
  • 投稿日時: 2018年08月31日 19:14
  • (481 ヒット)

古戸ひじり会と古戸応援隊による夏の交流イベント〜
 「奥三河特産の天狗ナス等の収穫と石窯ピザづくりを楽しもう!」が開催されました!


 8月18日(土曜日)、「古戸ひじり会」及び「古戸応援隊」で、これまでに育てた奥三河特産の天狗ナスなどを収穫する交流体験イベントが開催されました。
 定員30名をはるかに超える11家族45名の応募があり、当日は名古屋市、浜松市、湖西市などからの参加者(45名)に加え、古戸応援隊の家族も含めて18名、古戸ひじり会10名と、総勢73名の賑やかな交流イベントになりました!

[開会・挨拶]
 朝10時より古戸おいでん農場に集合し、「奥三河特産の天狗ナス等の収穫と石窯ピザづくりを楽しもう!」」を開催。最初に古戸ひじり会会長の初澤さんからの挨拶ではじまり、参加者の自己紹介、本日のスケジュールの説明などが行われました。


[天狗ナスの収穫体験]
 5月から栽培している「天狗ナス」も、収穫時期を迎え、大きく育った天狗ナスをトゲに気を付けながら一本一本丁寧に収穫していただきました。
 また、古戸おいでん農場でとうもろこしも育てていましたが、ハトやカラス、ハクビシンなどの被害にあったこと、台風の影響で倒れてしまったことから当日は十分な収穫ができませんでした。
 その他、枝豆なども収穫していただきました。


[石窯ピザづくり体験]
 古戸会館に移動し、東栄町の料理人の池田さんの指導のもと、ピザづくり体験が行われました。生地を伸ばして、その上にトマトソース、玉ねぎ、鶏肉、とうもろこし、ナス、とうもろこしなどの旬の野菜、チーズをトッピングし、移動式の石窯でこんがりと焼き上げいただきました。


[バーベキュー]
 みんなで協力しながらバーベキューを楽しみました。先ほど収穫した天狗ナスをはじめ、新鮮な旬の食材などを、お腹一杯いただきました。


[川遊び]
 古戸会館近くの川淵で、子どもも、大人も一緒になって川遊びを楽しみました。
 また、古戸応援隊の持ち込み企画で、子ども達によるスイカ割も行われ、子ども達の思い出に残る川遊びとなりました。


[さいごに]
 バーベキューの後は皆さんで協力して片づけも行い、最後に古戸区長の大野達司さんからの閉会の挨拶となりました。
 また、お土産として、天狗ナスととうもろこしを持ち帰っていただきました。
 さらに10月13日(土)には今回参加していただいた方をはじめ、新たに参加者を募集しながら、サツマイモ掘りや里芋掘りの体験を行い、それらを使って芋煮会を行うことを紹介しました。
 なお、夕方からは旧古戸集会所で、古戸応援隊の有志が集まって、古戸ひじり会のメンバーを招待した交流会も開催されました。


【問合せ先】  古戸ひじり会 事務局
  〒449-0292 東栄町大字本郷字上前畑25番地(東栄町役場振興課内)
        電話:0536-76-0502  FAX:0536-76-1725