愛知県交流居住センターの紹介

愛知県交流居住センターの紹介

センターの設立

愛知県三河山間地域の活性化を目指して、民間団体と自治体等が連携・協力し、2008年4月に設立しました。

センターの目的

短期滞在から本格的な移住まで、様々な田舎暮らしを交流居住と位置付け、交流居住を希望する者と都市側住民を受け入れる三河山間地域とのマッチングを行うことにより、団塊の世代等の三河山間地域への移住・滞在を促進し、もって三河山間地域の活性化に寄与することを目的とします。

センターの活動

愛知県交流居住センターは、次のような活動を行っています。

  1. 交流居住マッチング事業
  2. 交流居住情報の受発信事業
  3. 受入集落支援事業
  4. その他事業

三河山間地域における交流居住に興味のあるみなさまへ

愛知県交流居住センターは、民間と行政、個人と団体が連携して活動する自由で開かれた組織です。
三河山間における交流居住事業に興味のあるかたには、ご要望に応じてきめ細かく支援いたします。
気軽に事務局までお問い合わせください。
  >> 相談・お問合せ

センターの趣旨に賛同し、会員として活動への参加を希望されるみなさまへ

“交流居住を通じて三河の山里を元気にしたい”。
そんなセンターの趣旨に共感してくださるみなさま、私達と一緒にセンターの活動に参加してみませんか。
個人でも団体でも、どなたでも入会は自由です。
会員としてもセンターの活動を応援していただくともに、多くの会員との出会いや交流を通じて、ご自身の事業・活動にもお役立てください。
  >> 入会案内

愛知県交流居住センターのリーフレット